花育士のつぶやき

【森の花育】作品づくり編〜宝物いっぱい飾りたい〜

先日開催しました、森の花育の続きです。
  
  
散策から帰ってきて、

  

森で採った宝物を皆んなで見てみます。

 

いろんな形、色の葉っぱ、

  

ドングリ!

  

赤い木の実

  

キノコ

  

みどりのツル

 

大事に持って来た宝物を使って作品づくりをします。

  

もちろん、季節のお花も一緒に。

  

お花は使いたいものを自分で選びます。

ダリア



リンドウ

カーネーション

ガーベラ

などなど…
今回、花を生ける器は、

長久手市内の竹林で切ってきた

竹です。

里山クラブの方にキレイに切って頂きました。
器が自然のものだと、

植物達と馴染むので、いい感じです。
  

  

  

  
竹の器は大人気で、

2つ目を作る子ども達もいました。
  

  
 

  
 

楽しくて、ワイワイ賑やかに時間が過ぎていきます。
完成した作品は、皆んなで見てみました。
どれも、素敵です。

皆んな笑顔で終わりました。
楽しかったですね(^O^)

【森の花育】散策編〜森の中には何があるでしょう〜

こんにちは、こっとんぼーるの相沢です。

先日は、花育士の仲間達と企画した

 

『森の花育』を開催しました。

  

普段の花育とは違い、自然の中に入っていって、

気になるものを

 森の中で集めてきます。

 

注意事項をお話ししたら、

早速もりへ入っていきます。
みんなワクワク!

 

すぐに、

ドングリみつけたー!!

  

ひろっていいのー?

  

いっぱいあるよー!

  

今回は、生物の先生が同行して頂いたので、

いろんなものを教えてもらいましたよ。
コレは、グーチョキパーの木

  

子どもたちがみんな集まってきました。

葉っぱの形が、✊✌️✋なんだよー




スゴーーーイ!

欲しい!




今日は森の管理している先生が一緒なので、

先生に聞いてから、切ってもいいよと言うと、

やった〜(^O^)

皆んな大喜びで、葉っぱを切ってもらいます。

他にも、

一週間しか表れないキノコ

 

ふさふさの毛が生えている笹の葉

  

スズメ蜂に出会ってしまったらどうしたらいいか
  

などなど、

興味深いお話に、

大人も子どもも大興奮でした!

  

  

展望台までいったら、また戻ります。
帰り道は、チョット茂みの中を歩いて行きました。

道なき道を進んでいくのは、

少しドキドキしなが、

クモの巣に注意しながら歩きます。
最後に森の外に出てきて、ホッとしたら、
赤い木の実が付いた木を発見!

 

赤い実、かわいいーー!




これも子どもに大人気。
 

たのしすぎて、予定時間はすっかり過ぎてしまいました。

  

急いで作品を作る場所の里山交流館まで戻ります。

長くなりそうなので、

 作品づくりの様子は、

また次回に書きますね〜

高齢者にリンドウが大人気なわけ

先日ブログに、リンドウが、敬老の日な贈る花だという事を書きました。

さっそくその後、高齢者施設で、フラワーアレンジメントを作るボランティアに行ってきたんですが、

ちょうど、リンドウの花が花材に入っていました。

  

その日使った花で、

どの花が一番好き?

と、聞いてみると、

一番人気は、リンドウでした。

  

この日の花材は、

リンドウ

ケイトウ

オミナエシ

ユーカリ

秋の花ですね〜。

  

  

リンドウのどんなところが好きなの?

と聞いてみると、
「色がいいね〜」

「ムラサキ色が大好きなの」

「花の形が可愛らしいでしょ」
この、落ち着いたムラサキ色と、

花姿は、

癒されますよね。

  

昔から身近にある花で、

お彼岸の頃には、お墓や仏壇に供える花としても用いられます。

きっとそんな理由から、高齢者にも人気なんでしょうね。
  

 

敬老の日の花は

 

 

来週は敬老の日ですね。

今の季節に欠かせない花に、

りんどう

があります。

 

日本固有の植物でもあり、知っている人も多いでしょう。

 

リンドウは敬老の日に贈る花って、知っていましたか?

 

 

私は、はずかしながら知りませんでした^_^;

 

 

 

その理由は・・・・

 

 

① リンドウの花色の紫色が高貴な色だから。

  年長者に対して、尊敬の意味をこめている

古来この色は気品の高く神秘的な色と見られた。また紫草の栽培が当時の技術では困難だったために珍重され、古代中国(代以降 – 時代が下ると黄色に変った)、律令時代の日本などでは、紫は高位を表す色とされ、主に皇族やそれに連なる者にしか使用を許されなかった。 (ウィキペディアより)
② リンドウの根っこが漢方薬として用いられている事から、健康、長寿を願って。

 
(リンドウの根には、胃腸を健やかに保ってくれる健胃作用がある)

 

 

 

ちなみに、花ことばは、
正義

勝利

誠実

貞節

淋しい愛情

あなたの悲しみに寄り添う

悲しんでいるあなたに寄り添う

 
奥ゆかしく開く筒型の花と、涼やかな青紫色から、

悲しんでいる人にそっと寄り添う優しさをイメージした花言葉です。

さらに、花の心理効果は、

理性を高める花です

 

物事を客観視するとき、

 

段取り良く、テキパキしたい。

 

そんな気持ちに寄りそいます。

 

 

なので、たとえば、

 

  • お掃除の前に、見える所に飾る。
  • 仕事のデスクに飾る。
  • 会議室に飾る。
  • 子どもの勉強机に
 

 

こんなところで、心理効果があるかもしれません。

おためしくださいね。

 

%e3%82%8a%e3%82%93%e3%81%a9%e3%81%86

 

セラピストの癒し時間

昨日は、月に一度のセラピストの集いでした。

 

お互いに学びあい、

気づきを得る大切な時間です。

 

実際にフラワーセラピーもします。

 

自分の為の癒しの時間というものは、

日々の忙しさで、ついつい後回しにしてしまいがちです。

 

私も、

自分の今の気持ちで、花を選び、

 

なんとなくイイなぁーって感じの、

自由なアレンジを作ったのは、

ほんとに久しぶりです。

 

私が選んだ花は、

黄色のバラ

グリーンのハーブゼラニウム

黄緑色のコキア

淡いオレンジ色のスプレーカーネーション

 


 

明るい黄色と爽やかな黄緑のアレンジになりました。

黄緑のハーブゼラニュムが一番のお気に入り。

すごーく癒されたい気持ちが出ていますね(*^_^*)

バラは陽の気の花で、エネルギーが多めの花です。

バラをいっぱい使っているのは、

自分で思っていたより、パワーがあるのだという気づきがありました。

(最近、疲れが溜まっていたりして、パワーダウンしてると思っていたので)

 

気づきと共に、花からパワーも貰って、気持ちがUPしましたよ(^O^)

これが、フラワーセラピーの良いところです。

 

仲間のセラピストのアレンジもご紹介します。

 

 



優しい、穏やかなアレンジです。

「今日は、他のセラピストさんに癒されたーー」言っていました。


季節感のある、自然なアレンジ。

「人間も自然の一部です」

と、彼女がよく言っているので、自然なその人柄がよく表れています。

 

 



 

優しさと、すがすがしさや意志の強さがあるアレンジ。

本人は、自分自身を表現したそうです。

「表向きはクールで、内面は暖かい」を表している。

私は、クールの部分を、意志が強く、頼りがいがあると見ていますが・・

こんな風に、ココロを表現したり、だれかに寄りそってもらうという、

心地よい時間をすごしました。

 

セラピストは、まず自分自身が、心身ともに健やかでなければ、

誰かを癒すこと、寄り添うことができないと私は思っています。

なので、こんな癒しの時間は大切にしていきたいです。

 

お母さんのための大事な時間

本日は、お友達の花育士の花育講座に

スタッフとして伺いました。
名古屋市内の幼稚園の保護者会のみなさんに、

花育セラピーを体験していただきました。

 

簡単な心理学の事、

心の成長の過程についての話。

 

感情を表現するワーク。

 

そして、器作りから、花をアレンジまで、

盛りだくさんの内容です。

 

感情を、色や形で表現する事に始め戸惑う人も多く、

 

悩みながらも、自分の感情と向き合っていきます。

 

楽しい  ってどんな色?

 

悲しい ってどんなカタチ?

 

怒り  ってどんな感じ?

 

皆さんそれぞれの色やカタチで表現していきます。

 

怒りって、当然 

だよね〜って思いますか?

 
青、黄色、黒、紫…

色んな色で表現します。
同じ言葉でも、人それぞれに違うイメージ。

私だけのイメージ。

それが私の感情。

表現の仕方も違う。

 



充分に感情と向き合ったあとは、

お楽しみの、器作り、そして花に触れる 癒しと、楽しい時間です。

 



「好きな花を選んでね〜」

と言うと

じっくり花を見て

迷って、迷って、迷って選びます。

この迷ってる時間が大切です。

迷ってる間に、いろんなことを考えますよね。

心が動いている、大切な時間です。



 

みなさん、真剣に、楽しそうに作りましたよ。

 

     それぞれ違った、

個性のでる作品が並びました。

 

体験してみた感想は、

「この講座の時間に、気持ちが変化していくのをなんとなく感じた。」
「自分の心を客観的に見れて、  スッキリ整理された感じがする。」

「あっという間だったけど、中身の濃い時間だった。」

 

みなさん、大満足だったようです。

 

 

秋の気配を見つけた

こんにちは、こっとんぼーるの相沢めぐみです。
今日、公園の横を歩いていたら、

 

見つけました(^o^)

IMG_6944-0.jpg

何か、実がぶら下がっています。

 

この樹の名前は、

モミジバフウ 

   

漢字で書くと、 『紅葉葉楓』

その名の通り、カエデの様な葉っぱです。

夏の間に、しっかり実をつけていたんですね。

 

もうすぐしたら実が落ちてきて、みんなの目につくようになるでしょう。

 

ひと足早く、秋の気配を見つけて、

私は、少し嬉しくなりました。

暑い夏も、もう終わりですね。秋は気候がいいので、

たくさんお散歩したいなっと思っています。

 

皆さんの近くの公園の樹は、どうなっていますか?

たまには見上げて見てくださいね。

 

9月の花育では、いろんな木の実をつかって作品づくりをします。

どんな木の実かお楽しみに。

花育レッスンのご案内

 

 

 

紫陽花を見に行こう。

こんにちは、こっとんぼーるの花育士相沢めぐみです。

    

梅雨らしく雨の多い時期になってまいりました。

 今の季節に美しい、紫陽花を見に行ってきました。

  

今回は、高齢者施設の皆様と一緒に

散策会です。

  

場所は、名古屋市千種区にある、

『茶屋ヶ坂公園』

   
住宅街の一角にある公園ですが、

「茶屋ヶ坂池」もあり、

名古屋最大級とも言われる「あじさい園」で、

4,000株以上のアジサイが植えられています。

  

色も、紫、ピンク、白、ブルーと様々で、

種類も豊富でした。

   

こんなにたくさんの紫陽花を見たのは、初めてです。

  

何度も通った事のある道沿いの公園だったのに、

今まで紫陽花の名所とは気づいていませんでした。

 

   
 
  

この日は梅雨の晴れ間で、とても暑い日で、

 

一緒に散策した、高齢者の方の手を引きながら

休み休み、ゆっくりと歩きます。

 

   
    
 
紫陽花の濃淡のある色合いと、丸みのある形は、
心の中に点々とある、

様々な  感情を

丸ごと受け止めてくれるような気がします。

とても、ゆったりとした時間に感じます。

  

  

名古屋市内には、いい公園がまだまだありますね。

  

今月末頃まで、見頃ですので、

ぜひ散策してみて下さいね。

  
茶屋ヶ坂公園

梅雨ですが、爽やかなアレンジ。花育レッスン

こんにちは、こっとんぼーるの花育士の相沢めぐみです。

 

先日の花育レッスンの様子。

 

何回も花育レッスンに参加してくれているNちゃん。

 

お花の扱いも慣れてきて、

花選びも迷いがありません。
水色が好き!

というので、器として使ったのは、水色のバッグ。

 

シールを貼ったり、リボンを貼ったり、

 

ボンドは苦手なので、テープを使って

貼りました。

 

絆創膏を見つけて、これも貼ります。

 

始めに貼ったものは、両端がシワシワ。

二個目はチョット曲がったかなー

 

三つ目は、完璧!

 

綺麗に貼れた絆創膏の方が正面にきてましたね。

 

それに、ヒマワリが気に入ったとのこと。
あと、取っ手部分につけた、リボン。

 

これは、お母さんに付けてもらったもの。

 

お母さんが大好き!

と言う気持ちがよく分かりますね。




次回は、6月25日です。

ご予約受付中。

 

素敵な人との出逢い。心に響く言葉とは。

こんにちは、こっとんぼーる花セラピストの相沢めぐみです。

 

今月のフラワーセラピストの勉強会は、

いつもと趣向を変えて、講演会です。


サロン「FORMA フォルマ」を主宰している、

エシカルビューティーアドバイザスタイリスト兼マクロビ料理人の

佐橋ゆきさんを講師に招いて、

エシカルについて、

佐橋さんの活動と、目指すところ、

などをお話しして下さいました。
サロン「FORMA フォルマ」は、

パーソナルカラー診断、骨格診断、マクロビオティック料理教室、などから

エシカルライフの提案をしています。

 
まず、「エシカル」と言う言葉は、聞きなれないのですが、

 

エシカルとは、未来のために良いカタチで残したり、続けたりする事…

そのための行動、理念、哲学…

 

難しいですが、

誰かのためになる、環境に良い、というような事を考えて生きる、生き方。

「フェアトレード」もエシカル活動の1つだそうです。

 

佐橋さんは、ファッションの提案するときも、フェアトレード商品を紹介したり、

マクロビ料理には、 オーガニック食品を用いたりしているそうです。

 
彼女のたたずまいや、印象、雰囲気にまで

人のために、役に立ちたいという思いや、周りへの気遣いが感じられます。

 
最後に仰った、

「私は、カラーの力を信じている」

と言う言葉の力強さに

グッときました。

 

その人の発する言葉と、行動・生き方が一致していると

言葉に説得力が生まれ、

心に響くのだということを

体感しました。
お話を終えて、

「気になる花の色はなんですか?」の問いかけると、

「白色がいいです」「白はわたしの好きな色なの」と。

 

講演を終えて、ホッとしたのかもしれませんね。

 
サロンFORMAのHP

1 / 512345

▲TOPへ